人も自然も輝く未来に

ブログ

2013年10月6日

中小企業こそ地域再生の担い手 (地球環境問題交流会まとめあいさつ)

10月3、4日、中小企業家同友会の地球環境問題交流会が熊本で開催されました。

 その2日間のまとめを、中小企業同友会全国協議会地球環境問題委員会の副委員長として、私が最後に述べました。平沼委員長はじめ、皆さんにホメていただいたので、記念にブログにも書いておきますね。

**********

2日間のまとめをさせていただきます。大阪同友会の赤津加奈美と申します。慣れておりませんので、私なりのまとめとなりますが、お許しください。

 

私ごとからで恐縮です。四大公害訴訟の時代、子供だった私は、テレビで、ごく普通のおじちゃん、おばちゃんの被害者の方々が、大企業相手に裁判をして、被害救済の判決を勝ち取っていかれることに感動しました。こういう裁判で勝てば、世の中を良くできるんだと思い、弁護士を志しました。

私の業界の偉大な先輩方は、ここ九州、水俣で数々の素晴らしい判決を勝ち取ってこられました。微力ながら私も、公害環境裁判に取り組んできました。

 

しかし、裁判に勝っただけでは、世の中を良くするのに足りなかったんです。裁判に勝っただけでは、被害を生んだ直接の原因をなくすることはできても、被害を生んだ背景、構造的な原因は、その地域にそのまま残ったままだったからです。

 

東北大震災の復興が進みはじめるなか、いよいよ福島原発震災の意味、深刻さが浮き彫りになってきています。そういう今、ここ熊本で、ミナマタをテーマに中小企業経営者が集い、地域再生について論じあった今回の地球環境問題交流会は、歴史的意義のあるものでした。

 

日本の公害環境の歴史には、3つのとても痛ましい、心に刻むべき事件があります。一つめは古河鉱業による足尾鉱毒事件、二つめはチッソによるミナマタ、三つめが福島の原発震災です。いずれも、大企業による経済発展という国策が生んだ悲劇です。足尾鉱毒事件で被害に苦しんだ谷中村は消されてしまいました。しかし、ミナマタは再生しつつあります。大企業、国策、これらに追随して生き残る道を探すのは、もう、止めようではありませんか。

 

私が参加した分科会で報告者の平沼さんは、経営理念の根底には「自然に生かされ全生命と共存すること」「人間が人間らしく生きることのできる環境を作っていくこと」が在るべきだと報告されました。同友会の会員さんにも、ウチは環境は関係ないから、とか、ウチは環境は未だだから、とおっしゃる方もおられます。しかし、同友会のいう経営理念には、人間性、社会性、とともに、科学性が必要です。環境への適合こそ、科学性の基盤、最も大枠ではないでしょうか。

 

水と緑と陽の光に恵まれた、自然豊かな日本。太古の昔から私たち日本人は自然と共存してきました。日本の自然を守るのは、そこに住む人です。地域に人が住まなければ、地域の環境を守ることはできません。そして、人はそこに仕事がなければ、子供を育てられなければ、その地域に住むことができません。地域で仕事をつくり、雇用を生み出す。これこそ、地域再生の原動力、心臓部分だと思います。

 

また明日から皆さまそれぞれご自分の地域に帰られて、ないものねだりをやめてあるもの探し、考えて、行動して、新しい仕事を探し、作り、地域の再生、活性化、日本の未来のために、共にがんばりましょう。

 

ありがとうございました。

***************


このページのトップへ


Copyright (c) 2011 赤津法律事務所 ALL Rights Reaserved