人も自然も輝く未来に

ブログ

2015年8月20日

中小企業の小グループ活動

先日、顧問先会社で小グループ活動の発表会に同席させていただきました。

小グループ活動というと、大企業製造業のイメージが強いのですが、中小企業で和気藹々と、こんなに楽しそうな小グループ活動もあるなんて、目からウロコだったので、紹介させていただきます。

 

各部門ごとに、4人程度でグループを作り、それぞれの部門で抱えている困りごとや課題をテーマに選んで、半年から1年かけて解決していきます。

やり方は、テーマに沿ったPDCAで、現状把握、課題設定、目標数値設定、取組計画、成果、検証、今後の継続、反省、をし、その内容をお互いに発表します。

 

私は、テーマの選び方がとても良いと思いました。基本は、自分たちが日々の仕事の中で困っていること、改善できたらと思っていることを出し合って、お互いがより気持ちよく働けるようにしようという姿勢がとっても感じられました。

例えば、作業動線の無駄をなくして、疲労を抑え、効率も上げるためにレイアウト変更をみんなで考えるとか、見積り積算ノウハウを客観化して、後輩も継承できるようにする、とか、です。

 

改善提案制度を設けている中小企業も多いと思いますが、社員さん自身に、主体的かつ楽しく、改善活動に取り組んでもらうには、小グループ活動はとっても良いやり方だと思いました。

 

顧問弁護士というと、とかく社長さんだけとのお付き合いになりがちですが、こうして、働いている社員さんとも一緒に関わらせていただけて、本当にうれしい一日でした。


このページのトップへ


Copyright (c) 2011 赤津法律事務所 ALL Rights Reaserved